--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.06

悪戦苦闘

LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/500・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/500・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

ビオゴンを買ってから、何とか使いこなそうと悪戦苦闘しています。


LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

使いこなすと言っても、レンズの味を生かすとかそういうレベルではなく、身についた悪癖 -構図が左下がりになる事の克服- です。

50mmくらいでは水平線が画面に無ければ気が付きませんが、28mmでは水平、垂直が画面に無くても「何か変」な感じとなって現れてきます。

デジカメだろうが一眼レフだろうが、ベッサだろうがライカだろうが左下がりになるので、これはもう完全に身に付いた癖でしょう。


LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

いつも意識しているはずなのに、いざ撮ろうとした瞬間には吹っ飛んでしまって、現像したネガをチェックする時になって「ああ、しまった…」と後悔する日々。

ビオゴンはでかくて毎日持ち歩くには辛いので、小さなカラースコパー28mmを買い足しました。

果たして、投資に見合った成果は出るでしょうか…
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/39-8e51640a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。