--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.01

SAL50F18 (DT 50mm F1.8 SAM) レンズテスト


DSC08727
Originally uploaded by photogenic mechanism




DSC08731
Originally uploaded by photogenic mechanism


さて、SSMとかSAMとか軍オタ方面の人が反応しそうなキーワードがちりばめられているαレンズですが…w

さっそく新発売のSAL50F18を入手、SAL50F14(50mm F1.4)とリプレースしてみました。

F1.4のおよそ半額で買えてしまう本レンズですが、実力はかなりのものです。

まず肝心の写りですが、絞り開放付近ではF1.4のような甘さ・にじみは見られず、ピント面はシャープでとても良い描写だと思います。
背景の光源にもクセはありませんが、少し口径蝕が見られます。

口径蝕さえ気にしなければ開放から実用になりますので、今回のような夜間スナップ撮影ではF1.4よりも活躍してくれそうです。

反面、F1.4のように柔らかさやハイライトの滲みを活かした作画は出来ませんし、35mm判カメラには使えませんのでそこは使い分けになると思います。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/195-fb79cb5f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
地対空ミサイルとか、対艦ミサイルを連想する人もいるかもしれませんね。
SAMとかSSMとか。

それはともかく、明るい単焦点は一本持っておくと幅が広がりますよね。

これを出す以上、ソニーさんもまだ数年は、APS-Cとフルを併販するのでしょうね。
Posted by Hayato at 2009.07.02 23:31 | 編集
こんばんは。

はい、このネーミングはミサイル方面でピクッと来ました(笑)

話を戻すと、ツァイス銘レンズにもデジタル専用が1本ありますし、当分は35mmとAPS-Cの二本立てで行きそうですね。

ちなみに、新キットレンズのDT 18-55mmも試しましたが、こちらも開放からビシッと写るいいレンズでした。何となく、レンズ内モーターになってピント精度が上がったような…

秋に登場予定のDT 30mmマクロも良く写るのでしょうね、楽しみです!
Posted by Reason at 2009.07.03 00:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。