--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.11.16

ME Super チャージ不良の修理 これが原因だ!編

このゴムが原因だ!

いよいよ故障の原因、リンクのショックを抑えるゴムのダンパーとご対面です。
写真右下のゴムが主犯です。シャッターチャージ不良の固体では、この部分のリンクの動きが溶け出したゴムで渋くなっているはず。
ねじを外せばリンクが外せるので、アルコールなどで徹底的に掃除しましょう。
ただし、矢印の位置のリンクのかみ合わせを覚えておくこと。
上の2つはリンクに隠れているので、リンクを少し動かしながら作業します。

ちなみに、このゴムの代用品にはいろいろ考えられますが、今回は同軸ケーブルの被服のゴムを輪切りにして使いました。いつまで持つかな…


スペーサーも一緒に抜けるので注意

ここから先はシャッターチャージではなくミラーアップなどの症状の原因になるのですが、ここまでばらしたついでなので、余力があればやっておきます。
金色の筒状の部品がミラーショックをやわらげるダンパーです。このダンパーのカムが掛かっている所のねじとカラーを外します。


カムを外すのに少しだけ力が要ります

カラーを外したら、リンクからカムを外します。
その後、カムを外しますが、厚さと径の違うワッシャーが組み合わさっているのでよく見ながら外します。


このEリングは無くしやすい

ダンパーを固定しているEリングを外します。
迂闊に外すとピーンと飛んでいくので、慎重に。
余談ですが、RCカーなどの模型用にこのような小さいEリングを外す工具が売られています。


ここまでやればかなり安心

ダンパー内部にゴムがありますが、これがべたついているようなら交換します。代用品がなければ、糊付きモルトなんかでも何とかなるかも?
厚みがオリジナル部品くらいで、ショックを吸収できる素材なら使えると思います。
ここも、組み付け前にシリンダーとピストンをよく掃除しておくこと。


お疲れ様でした、以上で片道です。
組み立ては基本的にこの逆ですが、ある程度工作が出来る人なら記録をきちんと取りながら分解してきていれば大丈夫ではないかなと思います。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/19-35be86da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。