--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.11.16

ME Super チャージ不良の修理 ミラーボックス取外し編

セルフタイマーレバー取外し

ちょっと間があいてしまいました、ごめんなさい。
気を取り直して、ミラーボックスの取り外しです。

ミラーボックスのねじが張り革の下にあるので、張り革を剥がすためにセルフタイマーレバーを外します。

これも、逆ねじなのと、引っかかりの穴が小さいので気を付けます。


ここもワッシャーに注意

レバーを外すと、プラスチックと銅のワッシャーが出てきます。
順番と向きを覚えておきましょう。


ミラーボックスのねじ取外し (前面)

張り革を剥がして、ミラーボックスの固定ねじを外します。
張り革は両面テープで貼ってあり、丁寧に剥がせば再使用できます。
うまくいかなくても、革が無事ならきれいにして両面テープで貼れますし、革ごと好みの素材で張り替えてもいいと思います。


ミラーボックスのねじ取外し (上部)

ファインダー脇のねじを外します。


ワッシャーの配置を覚えておく

ここまででミラーボックスが分離できますが、先ほどのファインダー脇のねじの所に、複数枚ワッシャーが入っているので気を付けます。
固体によって枚数と種類が違ったり、左右でも枚数が違うことがあるようです。
配線にも十分に注意して、慎重にミラーボックスを外しましょう。


ミラーボックスのスペーサーを固定

ミラーボックスにもスペーサーが入っています。
これも無くさないようにするか、取れないようにテープで固定するなどします。


セルフタイマーユニット取外し

セルフタイマーユニットを外しますが、ここにもスペーサーが入っているのと、ミラーボックスとセルフタイマーのレバーがかみ合っているところがあるので、組み立てに備えてよく観察しておきましょう。


マウントとミラーボックスを分離

マウントにミラーボックスを固定しているねじを外しますが、配線や基板が近くにある上、上の2本は見通しも悪いので気を付けて作業します。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/18-1eb1b5b0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。