--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.13

マイクロフォーサーズ登場

思ったより早くリリースされましたね!
でも…あんまり小さくなってないような気が…(汗)

個人的にはLC1みたいなのを想像してたんですけど、普通の一眼レフ風スタイルでしたね…

せっかくフランジバックが短いのに、ボディが厚くなるフリーアングル液晶にしちゃダメでしょ~
内蔵フラッシュもLC1/L1方式にすれば出っ張りが無くせるのになぁ。

L1登場の時にもけっこうひどい事書きましたが、どうもパナソニックの新シリーズ1号機は私の好みに合わないみたいです…


DMC-LX3・F2.8・1/125・ISO200
データ:DMC-LX3・F2.8・1/125・ISO200

気を取り直して、LX3続き。
ピント面のシャープネスとボケ味はいい感じです。


DMC-LX3・F5.6・1/400・ISO80
データ:DMC-LX3・F5.6・1/400・ISO80

続いて遠景も…
雲の輝き感を出すためにハイライトを輝度重視で現像しました。
パナソニックのカメラはSILKYPIX 3.0 SEがバンドルされているのが良いですね。

写真の管理とプリントはLightroomで行っているのですが、ハイライトのコントロールやノイズリダクションの設定はSILKYPIXの方が優れているので悩ましい所です。

これでAdobe DNG ConverterがLX3に対応したらさらに悩ましく…
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/167-62abc3e1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>山本様

申し訳ありません、返信しようとしたら誤って頂いたコメントを削除してしまいました…

以下、返信となります。

PowerShot G10が、G7/G9よりさらにレンジファインダー機を意識した「濃い」デザインで出てきたので、G1もこっち方面のデザインで出てきて欲しかったなぁ、と思いました。

今回のG1のスタイルは販売の都合でしょうか…
やはり、一眼レフ風スタイルの方が売りやすいのでしょうね。

もう一つ、EVFユニットの奥行きが長く、前後に出っ張るというのも理由らしいのですが…EVFを縦か横に置き、ミラーかプリズムで光路を90度曲げてあげれば良い話なので、こちらの理由はあまり説得力が無いような気がします。

とは言え、EVFの見え味はかなり良いらしいので、実際に触ってみて、良ければE-420の代替として手を出しちゃうかも…という予感が自分の中にはあります(笑)
フォーサーズの唯一の欠点がファインダーの狭さでしたからね。
Posted by Reason at 2008.09.18 23:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。