--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.22

ライブビュー+イメージャAF+顔検出は一眼レフに必要か?

と聞かれれば、私は必要だと答えます。あるシチュエーションにおいては手ブレ補正より重要かもしれない。

じゃ「あるシチュエーション」って何?という事になりますが、ローアングル撮影でもマクロ撮影でもなく…(これらでは顔検出要りませんしね)

「人にカメラを貸した時」

に絶大な効果を発揮します。

今やデジカメは携帯内蔵カメラを含めてほとんどの人が持っていますが、デジタル一眼となるとそうはいきません。
ですが、意外ととっさの時に人に貸す機会は多くて、例えば飲み会やパーティーで幹事にカメラを渡して撮影、観光地で自分を入れて記念撮影などなど…

そんな時、ライブビュー+イメージャAF+顔検出ONで渡せば、「普通のデジカメ」としてまず間違いなくちゃんと撮影出来ます。これは強い。

と言う訳で、今よりさらにライブビューの使い勝手が練られて行き、カメラ店では当たり前のようにライブビューONの状態で陳列される時代がすぐそこまで来てるんじゃないかと勝手に妄想しています。

E-420・ZD 14-42mm F3.5-5.6 ED・F5.6・1/50・ISO400
データ:E-420・ZD 14-42mm F3.5-5.6 ED・F5.6・1/50・ISO400

写真は本文と関係ありませんが、久しぶりに12-42で撮影してみました。
望遠端で絞り開放、しかもこれだけ寄って破綻しないのはキットレンズとしては確かに凄い。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/163-7439c3d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 確かに人にカメラ貸す時はそう思いますね。以前D50を人に渡すと、「何で液晶に表示されないの?」って真顔で聞かれましたね。近年のコンパクトデジカメに慣れた一般の人には、ファインダーを覗くという動作は、完全に忘れ去られてますよね。ココ10年で。
Posted by RF-100A(山本) at 2008.06.23 19:49 | 編集
そうですね、携帯内蔵カメラのおかげ(?)で下手をするとコンパクトデジカメの構え方すら忘れられていると思います。

それらを補うために手ブレ補正が進化するというのも…う~ん、嬉しいような寂しいような、複雑な感じですね。

でも、裾野を広げるという意味ではいい事なのかな、と思います。
突き詰め過ぎて光学ファインダー無くされるとかなり悲しいですが…(笑)
Posted by Reason at 2008.06.24 00:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。