--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.11.13

ME Super チャージ不良の修理 トップカバー取外し編

ME Super 外観

ME Super の故障でありがちな、巻上げ不良についての修理レポートです。
対象となる症状としては、巻上げが異常に軽く、巻上げてもシャッターがチャージされずにまた巻上げが出来てしまうようなケースになります。

画像が多いので、小分けにして掲載していきます。

注意
以下の記述は、個人的に行った作業の記録であり、自力での修理を推奨するものではありません。また、本エントリを参考に修理を行い、何らかの損害を負った場合も当方はその責を負いかねます。


裏ぶた取外し

まずは、裏ぶたの取外しです。
矢印の裏ぶた着脱ピンを押し下げれば外せます。
横着して裏ぶたを外さずに作業を進めると、誤って裏ぶたが閉じた時に開けられなくて泣きます。


シャッター幕を保護

裏ぶたを外したら、すぐにシャッター幕を保護します。
作業中に、シャッター幕に間違って工具でも当てたら一巻の終わり!
今回はありあわせのダンボールを使いましたが、出来ればプラスチックか何か丈夫な板の方が良いと思います。


巻き戻しノブ取外し

丸で囲んだようにドライバーなどで軸を固定し、巻戻しノブを左に回して取り外します。
軸は、フィルム室側に引っ張れば外せます。

露出補正ダイヤル取外し

露出補正ダイヤルのナットを外します。
このナットは異様に締付けが固いので、やわな工具を使うと工具が壊れます。

巻上げレバーの飾りねじ取外し

巻上げレバーの飾りねじを外しますが、逆ねじな上に締付けが固いので難儀すると思います。
このための専用工具は存在しますが、持っていないので糊付きのモルトを滑り止めに貼り、親指で押さえつけながら回しました。他には、ゴムなどを当てて回している方も居るようです。


巻上げレバー取外し

巻上げレバーのナットを外しますが、これも逆ねじなので要注意です。


スプリングワッシャーに注意

巻上げレバーを外すと、銅のスプリングワッシャーがあります。


トップカバーのねじ(背面側)

いよいよ、トップカバーの取外しです。
こちらは背面側。


トップカバーのねじ(前面側)

こちらは前面側。
計6本のねじがあります。
それぞれ形状が違うので記録しておきましょう。


トップカバーを外した状態

これで、トップカバーが外せます。
トップカバーを持ち上げた際にレリーズボタンの中に入っている真鍮製のピンが落ちる事があるので、そこだけ気をつけます。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/16-02fde81c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。