--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.14

M8で高感度

M8・COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II・ISO640・AE
データ:M8・COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II・ISO640・AE

まぁ、なんだかんだ言いつつM8使っておる訳です。
件の、赤外線によるマゼンタかぶり以外はおおむね良好です。

高感度側はISO640まで常用可能、それ以上はちょっと…ですが、銀塩でもISO1600フイルムだと相当に荒れるので、それを思えば遥かにマシでしょうか。

後は、しばらくリバーサルでしか撮っていなかったので、デジタル(特にRAW撮影)だと「このフイルムとレンズだとこんな仕上がり」という拠り所が無く、仕上がりは自分のセンスと腕次第という所でちょっと戸惑っていたり。
その辺はR-D1sの時には普通に出来ていたので、慣れでしょうね。

ちなみにマゼンタかぶりですが、E39のUV/IRフィルターを一枚買ってみて色々実験してました。
で、結果としてはフィルター+6bitコードは確かに効果絶大ですが、6bit化出来ないレンズではどちらも意味を成さないので、6bitレンズが揃うまで、あるいは6bit化出来ないレンズの時はフィルター無し+RAW現像で行きます。
まぁ、この辺は過去のライカ純正レンズを含めて膨大な数の6bit非対応レンズが世の中にある訳で、いずれは解決方法が見出されるでしょうから実はあまり心配してなかったりします。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/117-8f85209c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。