--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.31

キャンディッド・フォトの心構え

M7・NOKTON classic 40mm F1.4 M.C.・TREBI 100C・COOLSCAN V ED・F8くらい
データ:M7・NOKTON classic 40mm F1.4 M.C.・TREBI 100C・COOLSCAN V ED・F8くらい

ぬの。さんのBlogに便乗してキャンディッド・フォトの話を。

私も街頭写真は好きな方で、Blogには載せきれませんが割とよく撮っています。
そして、今回の写真もそうですがノーファインダー撮影もよくやります。

そこで気を付けるのは、ただの隠し撮りにならないようにする事…とは言っても、やっている行為自体は大して変わらないので、一番の違いは、撮る相手への礼儀を欠かないようにとの心構えだと思っています。

レリーズする時には「失礼します」と心の中で唱えて、すれ違った後には「失礼しました」と心の中で礼をします。

第三者から見たら何も違わないかも知れませんし、ただの自己満足かもしれませんが、私はそれを忘れないようにしています。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/107-2b06589a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
トラバ、ありがとうございます♪
隠し撮りとスナップ...スナップを撮り続ける限り、常にそのバランスの間で逡巡し続けるのでしょうね...
あとは、僕の場合、自分がどんなに「イイ」と思っても、被写体の人間が撮られる事を望まないであろう写真は撮らないですね。
まぁ、それも想像でしかないのですが...
Posted by 「ぬの。」 at 2007.06.03 00:42 | 編集
>ぬの。さん

コメントありがとうございます。

やっぱりポイントはそこで、理由は色々ありますけど「撮られたくない」という気持ちは多かれ少なかれあると思うんですよね。

なのに、写欲を満たすためにそこに踏み込んじゃうという罪悪感はあります。

私の場合、その罪悪感を忘れないように心がけて、礼儀を持って被写体に接するようにしていますが…難しい所ですよね。
Posted by Reason at 2007.06.03 21:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。