--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.07

プラナー50mm ZF テスト:びっくり

F3・Planar T* 50mm F1.4 ZF・CENTURIA SUPER 400
データ:F3・Planar T* 50mm F1.4 ZF・CENTURIA SUPER 400

すっごいフレア…(隣のコマは被ってなかったのでハレーションではない模様)

フード付けてなかったから?左のビルの反射光のせい?
こんなに派手なフレアが出たのは初めてなのでびっくり。


F3・Planar T* 50mm F1.4 ZF・CENTURIA SUPER 400
データ:F3・Planar T* 50mm F1.4 ZF・CENTURIA SUPER 400

普段は、見ての通りすばらしくヌケの良い絵になるんですが…うむむ。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ptm.blog11.fc2.com/tb.php/100-b35c7486
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
T*コーティングもそれほど特別なコーティングではないようですね。

私の持っているDistagon35mm(Fマウント)をフィルム機で使ったときにも同じようなフレアが出ました。

フレアさえ出ない条件で使えば、魅力的な描画なんですけどね。

某社のナノクリスタルコーティングを施して欲しいと思ったり。
Posted by RF-100A(山本) at 2008.05.28 19:19 | 編集
やはりフレア出ましたか!

最新のニコンレンズは使った事が無いのでナノクリスタルコーティングの効果は体験していないのですが、ペンタックスのsmcはフレアっぽくならずになかなか良かったですよ。

GR-Dは赤いゴーストがくっきり出るときがありましたが、個人的にはゴーストは許せるので問題ありませんでした。フレアはほとんど出た事が無いので、改めて良いレンズだったんだなと思います。
Posted by Reason at 2008.05.28 23:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。