--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.03.30

というわけで、

DP1
SIGMA DP1

ダーツバーのカウンターがいい感じだったので撮らせてもらいました。
とりあえず、クセも何もまだわからないので、SIGMA Photo Proでオート現像。

いや~、コンパクトデジカメでこんな質感のある写真が楽しめるなんて…
凄い時代になっちゃいましたね…

ほぼ同じ写真をOM-4Ti+G.ZUIKO 50mm F1.4+PRESTOでも撮影したので、比べてみるのが今から楽しみ。
スポンサーサイト

2008.03.28

ついに…

SIGMA DP1


ついに、レンズ交換式カメラと同じセンサーを搭載したコンパクトカメラが「出てしまった」。

しかも、こいつは製品コンセプトと独特の操作系が相まって、GR DIGITALより遥かにマニアックなカメラになっている。

どのくらいマニアックかというと、多分M8かR-D1と互角に渡り合えるくらいマニアック。
どれも使ってきた本人が言うんだから間違いない(笑)

設計意図まではわからないけれど、MFダイヤルの位置的にコンタックスTシリーズやライカCM辺りのような使い方ースナップではMFでざっくりと、風景や静物は遅いがそれなりに正確なAFでじっくりと、という考えなのかもしれない。
マクロも無いし、本当に一昔前のフィルムコンパクトカメラみたいだ。

2008.03.17

凄いぞOM-4Ti

と言う訳で、便利です。ハイライト&シャドーコントロール。

まずはハイライトコントロールの例。
OM-4Ti BLACK・ハイライトコントロール作例
OM-4Ti BLACK・ハイライトコントロール作例

こちらはシャドーコントロール。
OM-4Ti BLACK・シャドーコントロール作例
OM-4Ti BLACK・シャドーコントロール作例

適正露出にしたい時はスポットボタン一発、ハイライトを白くしたいけど飛ばしたくない時はハイライトボタン、シャドーを落としたいけど潰したくない時はシャドーボタンを押すだけだからこんなに楽なもんは無いです。

まぁ露出補正でも結果は同じですが、手間が全然違いますよね。

と、偉そうに解説してますが現像が終わるまでちゃんと意図した通りの露出になってるかすっごい不安でした(笑)

E-410(E-420出ちゃいましたね)もハイライト&シャドーボタンが独立してればいいのに…!

コンパクトかつ要らない機能をそぎ落とした上級機って、銀塩ではすぐ思い浮かびますけど、デジタルカメラには相容れない思想なんでしょうか?
市場は成熟して来たので、そろそろGR DIGITALやDP1みたいな思想のデジタル一眼レフが出て来てもいいような気がします。

2008.03.11

カメラ付きスポットメーター & 大口径中望遠の愉悦

OM-4Ti BLACK & OM ZUIKO 85mm F2
OM-4Ti BLACK & OM ZUIKO 85mm F2

この「ガラスの塊」感が良い。
そして「カメラ付きスポットメーター」と揶揄されたOM-4Ti。

このままスナップに使ってもイケるのはニコンF3 & Aiニッコール 85mm F2で証明済み。
でもやっぱりスポット測光があるからにはポートレートだよね…さて、誰を撮ろうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。