--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.28

日曜は曇りだったので

都内某所で、渋いものを撮ってみた。

GR DIGITAL・撮影モード・-0.7・ISO400
場末のゲーセン。


GR DIGITAL・撮影モード・-0.3・ISO400
看板がこれでもかとカードが使える事をアピールしている。


GR DIGITAL・撮影モード・ISO100
地元に帰ってきたら、もう春なんだなと再確認。

やっぱり、都内とはちょっと季節感が違うみたいです。
スポンサーサイト

2006.03.28

土曜日はいい天気だったので

久しぶりに、GR DIGITALをポケットに突っ込んで出かけてみた。

GR DIGITAL・撮影モード・ISO100
見事に、スコーンと晴れていた。

GR DIGITAL・撮影モード・ISO100
土曜の昼下がり、さすがに電車もガラガラ。

GR DIGITAL・撮影モード・ISO100
いや~平和だ…

都内から電車でたったの20分。畑も田んぼも用水路もいい具合に残ったのどかなところです。

2006.03.25

機械式ベッサと沈胴レンズ登場

私が間違っておりました。さん経由で。

BESSA R2A/R3Aの機械式バージョン、R2M/R3Mが登場するようです。

写真を見る限り、ボディ外装はブラックペイントとシルバーで、ファインダー他は特に変更は無い模様。巻き戻しクランクはグレイ・ベッサと同じ、たたむとノブに完全に隠れる中折れ式クランクでしょうか。

ブラックペイントは嬉しい人もいるのでは。カッコいい!

さて、ボディはMPがあるので置いておいて、それよりも同時発表のHeliar Classic 50mm F2.0の方が気になります。

スペックはフォクトレンダーのサイト参照。

このレンズは欲しい…なんでズミクロン買ってすぐにこういうの発表するかなぁ(涙)

それにしても、Mマウントの沈胴レンズって貴重なんですよね。しかもコシナ製ボディはエルマー沈胴できませんでしたから…
価格しだいではノクトン・クラシック同様かなり売れるんでは。

Posted at 00:35 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.18

単色の世界

Caplio GX8・F2.5・1/15・ISO800
データ:Caplio GX8・F2.5・1/15・ISO800

モノクロに慣れてしまうと、カラー写真はとても難しく感じてしまいます。


Caplio GX8・F2.5・1/15・ISO800
データ:Caplio GX8・F2.5・1/15・ISO800

だからといって意識して単色の景色を選んだわけではないのですが…
帰って撮れた写真を見てみたら、自然とこうなっていました。

でもライカでは単色の景色を選んでるようには思えないので、ファインダー越しに見る景色と背面液晶越しに見る景色では、どこか違って見えているのかもしれませんね。

2006.03.16

Windows 再インストール中

ただいま、サブのノートパソコンにWindows再インストール中です。


Windows 98 SE インストール中

といっても見ての通り、MMX Pentium 233MHzのマシンにWindows 98 SEな訳ですが。

気まぐれでXP入れたらどうなるか試してみたら、起動に10分、IE起動に5分かかる素敵なマシンになってしまったので、きれいさっぱりフォーマットして元のWin98を入れ直しです。

無線LANを挿してごろ寝パソコンに使っていたので、どうしても必要ではないんですけど、いざ使えなくなると不便なんですね~。

くだらない実験するんじゃなかった。

2006.03.15

初めて と 久しぶり - その2

LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F5.6・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F5.6・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

いつも通り軽くスナップ。ちょっと後ピン。
修行が必要ですね。


LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F4・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F4・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

久しぶりのポートレート。こっちはちょっと前ピンか…
ああ緊張した~

それにしても、暗部のディティールが良く残るレンズです。
現行エルマーの時もそう思ったのですが、ライカレンズの特性なんでしょうか。


それでは快く撮影させてくれた皆さんに感謝して、今日はこの辺で。

Posted at 00:10 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
2006.03.15

初めて と 久しぶり - その1

先日、28mm強化宣言をしましたが、やっぱりずっと28mmだと疲れてきます。

なので、気分転換に50mmを使ってみる事にしました。

が…


LEICA MP + DR Summicron 50mm F2
LEICA MP + DR Summicron 50mm F2

はい、50mm。


……

…なんじゃこりゃぁ~!

ああ~またレンズ買ってるよこの馬鹿は!
どんだけレンズ買い換えたら気が済むんだか…

と、後悔しても始まらないので、とにかく使ってみる事にしましょう。
写り良ければすべて良し。

で、ふらりと久しぶりに都内某所に行ってきました。

(続く)

2006.03.06

悪戦苦闘

LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/500・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/500・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

ビオゴンを買ってから、何とか使いこなそうと悪戦苦闘しています。


LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

使いこなすと言っても、レンズの味を生かすとかそういうレベルではなく、身についた悪癖 -構図が左下がりになる事の克服- です。

50mmくらいでは水平線が画面に無ければ気が付きませんが、28mmでは水平、垂直が画面に無くても「何か変」な感じとなって現れてきます。

デジカメだろうが一眼レフだろうが、ベッサだろうがライカだろうが左下がりになるので、これはもう完全に身に付いた癖でしょう。


LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

いつも意識しているはずなのに、いざ撮ろうとした瞬間には吹っ飛んでしまって、現像したネガをチェックする時になって「ああ、しまった…」と後悔する日々。

ビオゴンはでかくて毎日持ち歩くには辛いので、小さなカラースコパー28mmを買い足しました。

果たして、投資に見合った成果は出るでしょうか…

Posted at 01:53 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。