--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.12.30

知る人ぞ知るロシアレンズ、インダスター61

BESSA R3A + INDUSTAR-61 L/D 55mm F2.8
BESSA R3A + INDUSTAR-61 L/D 55mm F2.8

値段の割に、よく写ると評判の"FED INDUSTAR-61 L/D 55mm F2.8"。
シリアルを信じるなら、1990年製造。意外と新しい。
ちなみに、お値段は4200円。マウントアダプターの方が高かったぞ!(笑)

程度が良い個体のようで、ピントリングは人差し指を添えるだけで回せるほど滑らかで、巷で言われているほど使いにくくはなさそう。
ただ、絞りのクリックが固いのには閉口。しかもちょっと指標とずれてるし…

とりあえず、使ってみないとわからないのでカラースコパーの代わりに一度試してみますか。
スポンサーサイト

2005.12.28

高感度時はモノクロで

GR DIGITAL・AE・F2.4・1/13秒・ISO800
データ:GR DIGITAL・AE・ISO 800

ISO 400まではカラーでも実用範囲ですが、ISO 800はさすがに無理…
そこで、画像設定:白黒で撮影したら何とかいけそうな感じ。

夜のスナップはISO 800+白黒でやってみようかな。

ただ、暗所でAF補助光OFFだとさすがにピントが合いにくいので、AFはよほど寄らない限りスナップモードの方が良いかも?

2005.12.25

GR DIGITAL買ってみました - その2

GR DIGITAL・絞り優先AE・F2.8・ISO64
データ:GR DIGITAL・絞り優先AE・F2.8・ISO 64

GR-D の画質以外の部分ですが、まず外装。

塗装とグリップの質感は上々だと思います。特にダイカスト部分の塗装は質の良い結晶塗装で、コンパクトデジカメでこれだけ仕上げの良いものは無いのでは。

ポップアップストロボの部分とホットシューのカバーの質感がやや劣るのが、目立つ部分の部品だけに残念なところ。
総合的には、実売7万円のカメラとして恥ずかしくない仕上げになっていると思います。

操作性は2ダイヤルのためか下手な一眼レフカメラより良好で、特にメニュー操作時やマニュアル露出時に2ダイヤルの効果が顕著です。マニュアル露出が全く苦になりません。

ただ、ADJ.メニューにデフォルトで入っていて外せない露出補正とホワイトバランスのいずれかはズームボタンに割り当てることが可能で、ズームボタンに割り当てた場合にはADJ.メニューの項目とダブってしまうのにADJ.メニューからは外せないのが気になります。
ズームに割り当てた機能は外せるようにして、その分カスタム機能をもう一つ余分に設定できれば…
後は、ADJ.メニューはADJ.ダイヤル押し込みで呼び出せるのに決定はダイヤル押し込みではなくOKボタンでないと決定できない点くらいでしょうか。

まぁ、そんな細かいところくらいしか突っ込みどころが無いくらい良く出来ています。

もう一つ、これは使う人と使わない人で差があると思いますが、ホットシューが付いているのが非常に助かります。
ちなみに、手持ちのAF280Tを付けたところ、連動機能が悪さをして外光オートで発光しなくなったので、ボディ側の連動接点をテープでマスクする事で正常に発光するようになりました。


2005.12.25

GR DIGITAL買ってみました - その1

GR DIGITAL・絞り優先AE・F2.4・ISO400
データ:GR DIGITAL・絞り優先AE・F2.4・ISO 400

フジF810から、GR DIGITAL(以下GR-D)に買い換えてみました。
以下、2日使ってみての雑感です。

GR-D作例が出てから一部でずっと言われ続けているノイズですが、確かにシャドーにはISO64からノイズが乗り、感度を上げるに連れてノイズレベルも上がりますが、増感によるノイズの増え方はなだらかな上、ハイライトのノイズはうまく抑えられているので気になりません。

このエントリの画像も、空のグラデーションがきれいに出ていて、A4でプリントするとさらに見栄えが良くなります。プリントが前提なら、ISO400までは実用範囲です。

モニタで見ていてもフィルムをスキャンした画像を見ているような自然な感じがします。今まで使っていたデジカメがいかにも加工されたような画を出すF810だったせいで余計にそう見えるのかもしれませんが…

レンズは噂どおり優秀で、ごくわずかに樽型歪みがあるものの、周辺まで解像度を維持してきっちり写ります。

周辺光量落ちも少ないのですが、私は周辺は少し落ちていた方が好きなので、このエントリの画像では絞り開放でわざと周辺を落としてみました。

操作感は、また後ほど…


2005.12.18

踏んだり蹴ったり

BESSA R3A・NOKTON classic 40mm F1.4 S.C・AE・F1.4・NEOPAN 400 PRESTO・GT-X750
データ:BESSA R3A・NOKTON classic 40mm F1.4 S.C・AE・F1.4・NEOPAN 400 PRESTO・GT-X750

この間ベッサR3Aを買ったのですが、ノクトン・クラシックを付けた時に距離計の無限が合わないようなので、フォクトレンダー・サービスルームで距離計の点検・調整をお願いしたところ、作業の手違いでブライトフレームが二重に見えてしまう不具合が発生。

分解修理が必要なのでコシナに送る必要があるとの事だったけれど、日数がかかるようなので距離計だけ調整して一旦返却。

年末年始に使い倒すために調整に出したのに、よりによって不具合が拡大するとは…しかも、機材を整理して今使えるカメラはベッサ1台だけ。

今の気分だと持ち歩いてても撮れないような気がするから、素直に修理に出しておいた方が良かったのかな…

愚痴になってしまったけれど、そんな事もあるんだ、という事で。

Posted at 01:38 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。