--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.09.19

LX用スクリーン装着時の前ピン対処

前回エントリで行ったLX用スクリーン装着ですが、標準スクリーンに比べてやや厚みが薄いようで、そのままではファインダーでジャスピンでも実際にには前ピンになる事がわかりました。

後ピンだとスクリーンを薄く削らないといけないのでかなり困難(というかまず無理)なのですが、幸いにして前ピンなのでスクリーン固定枠に当たるところに何か挟んで厚みを増せば良いわけです。

というわけで、薄手のテープを細く切ったものを貼ってみました。



今回はあり合わせのテープを使いましたが、メンディングテープや模型用マスキングテープなど、粘着力が強すぎず、薄くて丈夫なテープを使うのがよいと思います。

装着したところはこちら。
05091906.jpg



テープが少しはみ出していますが、これくらいならファインダーには映りません。

これでほぼジャスピンです。テープの厚さによっては、重ね張りするなど何回かトライ&エラーが必要になると思います。
参考までに、今回使ったテープは [セメダイン 強面弱面両面テープ 薄手] で、剥離紙を付けたまま使用しました。
スポンサーサイト

2005.09.19

*istDSにスプリットマイクロマットスクリーン装着成功

*istDSに、LX用スプリットマイクロマットスクリーンを改造して、装着してみました。
以下、簡単な作業レポートです。基本的に現物合わせで、寸法なども測っていないのでどれだけ参考になるかわかりませんが…

注意
以下の記述は、個人的に行った作業の記録であり、スクリーンの改造を推奨するものではありません。また、本エントリを参考に改造を行い、何らかの損害を負った場合も当方はその責を負いかねます。


用意するもの

  1. *istDS標準スクリーン

  2. LX用スプリットマイクロマットスクリーン (SC-69 W/C)

  3. カッティングマット (出来れば新品)

  4. 定規

  5. ケガキ針 (千枚通しなど尖ったものなら代用可能)

  6. アクリルカッター (普通のカッターだとやや困難)

  7. プライヤー (出来るだけ幅広のもの)

  8. ヤスリ

  9. 手袋 (フィルム編集用手袋がお薦め)

  10. 清潔な布、ブロアーなど清掃用具


さて、とりあえずスクリーンの大きさを比較してみます。



う~ん、結構違いますね。
基本的には、これが大体35mmフィルムとAPS-C型CCDの大きさの差になります。

次に、スクリーンを重ねて*istDS標準スクリーンに沿ってケガいていきます。
この時、標準スクリーンのスポット測光エリアとLXスクリーンのスプリット部の大きさが大体同じなので、それを基準に重ねると良いと思います。
05091902.jpg


ちなみに、ケガいた時など切り子が少しでも出た場合、スクリーンの傷の原因にならないようにこまめにブロアーで取り除きましょう。

次に、定規を当ててケガキに沿ってアクリルカッターで彫り、プライヤーで要らない部分を挟んで折り取ります。
定規は直接当てるより、スクリーンとの間にレンズティシューなど柔らかくて毛羽立たない物を挟むとより安全です。また、折り取る時に掴む力が弱いと変な折れ方をする事があるので、しっかり掴んでゆっくり、少しずつ折る力を加えます。
折る順番は、短辺を折った後に長辺を折った方が良いと思います。

無事折れたら、ヤスリで切り口をきれいにします。
05091903.jpg


ちょっといびつですが、何とか改造できました。
交換時にピンセットでつまむ部分の突起は、脱着時に少し手こずりますが付いてしまえば関係ないので、今回は付けませんでした。
なお、突起がないので付ける向きに迷いますが、マット面が上、ミラーボックス側にツヤのある面が来ます。

ファインダーを覗くとこんな感じです。
05091904.jpg


この写真ではちょっと中心がずれてますが、この後取り付け時に微調整してピッタリの位置にする事が出来ました。


2005.09.03

念願のME Super


データ:*istDS + FA 43mm F1.9 Limited

MX、MEを手に入れてからずっと欲しかったME Superをオークションで落札。
相場がずいぶん下がっているようで、外観に拘らなければちゃんと動くものが手頃な値段で手に入るようになりましたね~。

黒いプラスチックのレリーズボタンやシャッタースピードボタン周りは少しチープですが、トップカバーはプラスチックとは思えない質感でなかなか悪くないですね。

*また機械式じゃないじゃん…というツッコミは無しの方向で…(汗)

2005.09.02

お気に入りのハッタリ仕様

さて、*istDSですが、FA28/2.8だけではさすがに不便なので、常用ズームとしてFA28-70mm F4を組み合わせてしばらく使っていました。

28-70/4は開放から良い写りで値段と小ささを考えるとなかなかのもの、当分これで行けると思っていたのですが、ある時、不満が…

ボケが足りない。あと暗い。

そう、FA28/2.8を持っているがために、開放F4のボケ量と暗さがどうしても気になる。
特にポートレートや室内では開放F4は結構ストレスになります。

そこで…


データ:FUJIFILM FinePix F810

こんな感じにしてみました。そう、

中古相場1万円ちょいのF2.8通しズーム、

トキナーAT-X 270 AF PRO (New)と、これまた

中古相場5千円ちょいのTTLストロボ、

AF280Tの組み合わせ。
総額2万円未満の究極のハッタリ仕様。
というか、

*istDSの小ささ台無し

なのは気のせいです。
レンズがでかすぎてカメラがちょっと浮いてるのも気のせいです。

しかし、性能は値段からすると期待以上。
AT-X 270は開放は甘く、絞るにつれシャープになる大口径らしい特性で、適度な甘さとボケ量の欲しいポートレートには良さそう。絞った時のシャープネスもなかなか。
ポートレートではありませんが少し実写したので、近いうちに作例を載せたいと思います。

AF280Tも上向き・首振り・後ろ向き可能で、壁バウンスをよく使う自分にはとても便利。
しかも、外光オートも可能で手持ちのTTL非対応カメラでも手軽に使えます。
もしかして、外光オートかマニュアルで市販のスレーブユニットと組み合わせたら内蔵ストロボと合わせてワイヤレス2灯も可能…?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。