--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.13

ねじれと直線

OM-4Ti BLACK・OM ZUIKO MC 35mm F2
OM-4Ti BLACK・OM ZUIKO MC 35mm F2

OM-4Ti BLACK・OM ZUIKO MC 35mm F2
OM-4Ti BLACK・OM ZUIKO MC 35mm F2
スポンサーサイト

Posted at 22:00 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
2007.12.13

たまにはこういうのも

M8・NOKTON 35mm F1.2 ASPH.・ISO160・1/60・AE
データ:M8・NOKTON 35mm F1.2 ASPH.・ISO160・1/60・AE

モノクロネガで撮ってちょっと硬めにプリントした感じを狙ってみる。

ポラロイド風も試したけど、独特のローコントラストと色合いがなかなか再現できない…


Posted at 01:33 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
2006.03.15

初めて と 久しぶり - その2

LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F5.6・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F5.6・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

いつも通り軽くスナップ。ちょっと後ピン。
修行が必要ですね。


LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F4・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・DR Summicron 50mm F2・F4・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

久しぶりのポートレート。こっちはちょっと前ピンか…
ああ緊張した~

それにしても、暗部のディティールが良く残るレンズです。
現行エルマーの時もそう思ったのですが、ライカレンズの特性なんでしょうか。


それでは快く撮影させてくれた皆さんに感謝して、今日はこの辺で。

Posted at 00:10 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
2006.03.06

悪戦苦闘

LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/500・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/500・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

ビオゴンを買ってから、何とか使いこなそうと悪戦苦闘しています。


LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

使いこなすと言っても、レンズの味を生かすとかそういうレベルではなく、身についた悪癖 -構図が左下がりになる事の克服- です。

50mmくらいでは水平線が画面に無ければ気が付きませんが、28mmでは水平、垂直が画面に無くても「何か変」な感じとなって現れてきます。

デジカメだろうが一眼レフだろうが、ベッサだろうがライカだろうが左下がりになるので、これはもう完全に身に付いた癖でしょう。


LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・BIOGON T* 28mm F2.8・F2.8・1/125・NEOPAN 400 PRESTO・DiMAGE Scan Elite 5400 II

いつも意識しているはずなのに、いざ撮ろうとした瞬間には吹っ飛んでしまって、現像したネガをチェックする時になって「ああ、しまった…」と後悔する日々。

ビオゴンはでかくて毎日持ち歩くには辛いので、小さなカラースコパー28mmを買い足しました。

果たして、投資に見合った成果は出るでしょうか…

Posted at 01:53 | モノクロ | COM(0) | TB(0) |
2006.02.01

ビオゴンとプリントとスキャナの関係

ライカ M4-P・ビオゴン T* 2.8/28mm ZM・F8・1/1000秒・ネオパン400プレスト・フジブロWP FM2
データ:LEICA M4-P・BIOGON T* 2.8/28mm ZM・F8・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・FUJIBRO WP FM2

今回は、ビオゴンの試写を含めて、二つのテストをしてみました。

まず一つはビオゴン 2.8/28mm の試写で、こちらは評判通りの性能です。

特に、シャープネスと解像度はかなりのもので、六切に伸ばした限りではまだまだ余裕がありそう。
(フィルムはプレストが常用だし、うちの引き伸ばし機では六切までしか伸ばせないので、ある意味レンズがもったいない?)

もう一つは写真のスキャンで、今まではGT-X750のフィルムスキャン機能を使っていましたがどうしてもスキャン結果が甘くて満足できず、フィルムを直にスキャンするのは諦めてプリントしたものをスキャンしてみました。

今回は暗部がつぶれ気味になってしまいましたが、シャープネスは十分再現できてその点は満足。
印画紙上では暗部のディティールは残っているので、設定を煮詰めればもっとうまく取り込めそうです。

また、モノクロフィルムはDigitalICEが使えない上にホコリ除去もうまく効かないのでホコリにかなり気を遣うのですが、その点もかなり楽になります。

(ただし、スキャンのためだけにプリントするのは本末転倒なので、プリントを作った時にしかこの手は使えませんが…)

Posted at 14:10 | モノクロ | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。