--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.21

那和秀峻氏の意見に同意

那和秀峻氏のサイト内、徒然なるままにの11月18日の日記で、ZF2レンズのCPU搭載とそれを批判するユーザーについて触れています。

私自身も3月25日のエントリで、CPUではないですが絞りリングの無いFマウントレンズに付いて書いていた事もあり、今回の那和氏の日記にも全く同じ意見です。

それにしても、需要があったからわざわざCPUを搭載して出し直しているのに、それすらも「出し惜しみ」「カニの爪が無くなった」と批判してしまうとは…
本当にニコンの、そしてFマウントのファンなのか…と疑問を感じざるを得ません。

始めから全てに満足できる製品なんてこの世にあるはずは無いし、メーカーもその時々で色々な事情を考慮しながら最適と思われる製品を出している訳ですから。

今回の仕様変更にしたって、CPUとカニの爪のどちらがコスト対効果が高いかと言われれば答えは明らかですし、カニの爪が無くなったのはコストに見合うだけの需要が無いとメーカーが判断したまでの話だと思います。

それを全て否定から入ってしまっては何も生まれないのではないかと思うのですよ。

E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

スポンサーサイト

2009.07.26

SAL50F18 (DT 50mm F1.8 SAM)をフルサイズで使う


20090718009
Originally uploaded by photogenic mechanism

という訳で、前回のエントリの組み合わせ(α-7 + SAL50F18)でテスト撮影。

周辺光量落ちかケラレか非常にビミョーなところですが…
使えなくはない、という所でしょうか?
写り自体は最新のレンズだけあって上々ですね。



2009.07.01

SAL50F18 (DT 50mm F1.8 SAM) レンズテスト


DSC08727
Originally uploaded by photogenic mechanism




DSC08731
Originally uploaded by photogenic mechanism


さて、SSMとかSAMとか軍オタ方面の人が反応しそうなキーワードがちりばめられているαレンズですが…w

さっそく新発売のSAL50F18を入手、SAL50F14(50mm F1.4)とリプレースしてみました。

F1.4のおよそ半額で買えてしまう本レンズですが、実力はかなりのものです。

まず肝心の写りですが、絞り開放付近ではF1.4のような甘さ・にじみは見られず、ピント面はシャープでとても良い描写だと思います。
背景の光源にもクセはありませんが、少し口径蝕が見られます。

口径蝕さえ気にしなければ開放から実用になりますので、今回のような夜間スナップ撮影ではF1.4よりも活躍してくれそうです。

反面、F1.4のように柔らかさやハイライトの滲みを活かした作画は出来ませんし、35mm判カメラには使えませんのでそこは使い分けになると思います。



2009.06.16

OLYMPUS PEN復活


DSC08312
Originally uploaded by photogenic mechanism

いやまさか、"OLYMPUS PEN" E-P1と来るとは…

夏ボでα900にダイブしようと思ってたけど、E-P1に変更かな…
ちょっとデザインが媚び過ぎの感はするけど、内蔵フラッシュを省いたのは英断だと個人的には思う。

問題はどのセットにするか…
ベーシックにシルバーボディのパンケーキキットか?
だがツインレンズキットのお買い得感もかなり…

ううむ、悩む…

ところでEVF版も開発中らしいけど、金属外装のE-OM1なんてのは出してくれないのかなぁ?w



2009.06.13

ショーウィンドウ


DSC08267
Originally uploaded by photogenic mechanism

プレミアム・ブランドが集まっているせいもあると思いますが、銀座と表参道のショーウィンドウはどれも素晴らしいものばかりですね。

個人的には、シャネルのショーウィンドウは店構えとともに品があってとても素敵だと思います。

すぐ側にあるヴィトンの華やかさとは好対照ですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。