--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.01

侮れないJUPITER-12

M7・JUPITER-12 35mm F2.8・Kodak EB-3・COOLSCAN V ED
データ:M7・JUPITER-12 35mm F2.8・Kodak EB-3・COOLSCAN V ED

ネタのつもりでJUPITER-12を買ってみましたが、結果はこの通り…

使い勝手の悪さに目を瞑れれば、主力となり得る写りです。
絞り操作のやりにくさと、巨大な後玉がセンサーを塞いで露出計が狂う(M7では-1.3~-1.6の露出補正が必要)所が惜しい。

ネガを詰めて気軽に撮るには最高のレンズかも知れません。
スポンサーサイト

2007.06.26

ローライ35の再来

NOKTON classic 40mm F1.4 + Sonnar 40mm F2.8 HFT + COLOR-SKOPAR 50mm F2.5
NOKTON classic 40mm F1.4 + Sonnar 40mm F2.8 HFT + COLOR-SKOPAR 50mm F2.5

某店で、デッドストックと思しきローライ・ゾナー 40mm F2.8 HFTが中古より安く叩き売られていたので、1本購入。

中古美品のコンタックスT3とさんざん迷いましたが、あまり出回っていないレンズなので機を逃すと中古でも手に入れにくくなると思いこちらを選びました。

まぁ、ドイツ製と言いつつ実はコシナが作っているのは皆知っているのと、40mmで使いにくいためにプレミアが付いたりはしないでしょうが…

写真は、手持ちの大きさの近いレンズと並べてみたところ。
カラースコパーも小さい方ですが、やはりゾナーの小ささが光ります。フードを外せば、カラースコパー 35mm F2.5 PIIといい勝負でしょう。

果たして、写りはいかに…

2007.05.01

応援の気持ちを込めて

M7 + COLOR SKOPAR 50mm F2.5 + LH-2
M7 + COLOR SKOPAR 50mm F2.5 + LH-2

カール・ツァイス レンズのラインナップ拡大に押されてディスコンになりまくっているフォクトレンダー レンズへの応援の気持ちを込めて、今更ですがカラスコ50mmを買ってみました。

8枚玉ズミクロン風の凝ったデザインとクラシックなラッパ型フード…
う~ん、渋い。

もう一つ、応援の気持ちを込めて…PROVIA 400Xを買ってみました。
このご時世にフイルムの新製品を出してくれる心意気を受け止めないといけません。
(でも一つだけわがままを言うと、TREBI 400は残しておいて欲しかった…さすがにPROVIAは高くて常用できません…)

というわけで、明日現像済みフイルムを取りに行ってきます。
リバーサルは久々なので、どんな上がりになるのか?とても楽しみです。

2006.02.24

意外と使えるズミター

ライカのオールドレンズは使った事がなかったので、値段の手ごろなズミターを試してみました。

ちなみにフィート表示、円形絞り、コーティングあり。

ケンコーのUVフィルターを付けています。
(ズミター専用なのにいまだ現行なのはすごい!)


LEICA MP・Summitar 5cm F2・F2・1/125・NEOPAN SS・DiMAGE Scan Elite 5400 II
データ:LEICA MP・Summitar 5cm F2・F2・1/125・NEOPAN SS・DiMAGE Scan Elite 5400 II

こんな感じです。
銀座の某委託品のみ保証無しのお店で買ったので、現像するまでちょっと不安でしたが悪くないですね。

ちなみに、有名なぐるぐるボケにはまだ出会っていません。
面白い写真が撮れたら、また載せますね。

ちなみに、沈胴レンズはやっぱり便利で、カバンの隙間に入れて毎日持って歩いています。

沈胴レンズがもっと欲しい…エルマー、手放さなければ良かったかなぁ…

2006.01.27

「前玉キズ中程度」写りは…?

LEICA M4-P + CANON 50mm F1.4 II
LEICA M4-P + CANON 50mm F1.4 II

前玉キズ中程度で相場の半額くらいのキヤノン50mm F1.4があったので、試しに買ってみました。


LEICA M4-P + CANON 50mm F1.4 II
LEICA M4-P + CANON 50mm F1.4 II

キズの具合は、こんな感じ。
ぱっと見では「うっ」と言う感じですが、果たして写りは…


ライカ M4-P・キヤノン 50mm F1.4 II・F1.4・1/8秒・ネオパン400プレスト・エプソン GT-X750
データ:LEICA M4-P・Canon 50mm F1.4 II・F1.4・1/8・NEOPAN 400 PRESTO・GT-X750

こちらは絞り開放。さすがに少々眠いですが、ボケはとてもきれい。
キズのせいでフレアっぽくなるかと思っていましたが、コントラストがやや低いくらいであまり影響は無いようです。


ライカ M4-P・キヤノン 50mm F1.4 II・F8・1/1000秒・ネオパン400プレスト・エプソン GT-X750
データ:LEICA M4-P・Canon 50mm F1.4 II・F8・1/1000・NEOPAN 400 PRESTO・GT-X750

右の斜めの壁面の反射がかなり強かったので、半逆光のテストになるかと撮ってみました。
結果は上々で、やはりコントラストは低いですが、シャープで線の細い描写です。

今回はド逆光のテストはできませんでしたが、常識的なシチュエーションなら十分実用できそうです。なかなか面白い買い物になりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。