--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.13

マイクロフォーサーズ登場

思ったより早くリリースされましたね!
でも…あんまり小さくなってないような気が…(汗)

個人的にはLC1みたいなのを想像してたんですけど、普通の一眼レフ風スタイルでしたね…

せっかくフランジバックが短いのに、ボディが厚くなるフリーアングル液晶にしちゃダメでしょ~
内蔵フラッシュもLC1/L1方式にすれば出っ張りが無くせるのになぁ。

L1登場の時にもけっこうひどい事書きましたが、どうもパナソニックの新シリーズ1号機は私の好みに合わないみたいです…


DMC-LX3・F2.8・1/125・ISO200
データ:DMC-LX3・F2.8・1/125・ISO200

気を取り直して、LX3続き。
ピント面のシャープネスとボケ味はいい感じです。


DMC-LX3・F5.6・1/400・ISO80
データ:DMC-LX3・F5.6・1/400・ISO80

続いて遠景も…
雲の輝き感を出すためにハイライトを輝度重視で現像しました。
パナソニックのカメラはSILKYPIX 3.0 SEがバンドルされているのが良いですね。

写真の管理とプリントはLightroomで行っているのですが、ハイライトのコントロールやノイズリダクションの設定はSILKYPIXの方が優れているので悩ましい所です。

これでAdobe DNG ConverterがLX3に対応したらさらに悩ましく…
スポンサーサイト

2008.09.08

マイクロフォーサーズが待ちきれず

DMC-LX3・F5.6・1/800・ISO80
データ:DMC-LX3・F5.6・1/800・ISO80

え~、マイクロフォーサーズ機の登場が待ちきれずLX3に飛びついてしまいました(笑)

今まで松下のコンパクトデジカメとは何となく相性が悪くて、買う度に後悔してフジかリコーに買い替えを繰り返してたんですが、こいつはいいですね。

某掲示板ではCCD面積をフルに使ってないからもったいないだの外部ファインダーの視野率がどうの売り方がどうのと重箱の隅突っつきあってますが、GRデジタルに引き続きMFピント固定でバシバシとノーファインダー撮影する私には関係無さそうです(笑)


DMC-LX3・F5.0・1/320・ISO80
データ:DMC-LX3・F5.0・1/320・ISO80

コンパクトデジカメにしてはノイズはほどほどに少なく、ダイナミックレンジはシャドー方向に広めな感じですね。それゆえにシャドーが浮き気味になるので、2枚めのようなシーンはちょっとアンダーに撮って中間調を持ち上げると良くなるかも知れません。その辺は追って試していこうと思います。

少なくとも、RAWで撮れば「よし、いじってやろう」と思える絵が出てくるポテンシャルを持っている訳で、そういう意味では凄い進歩だと思います。

とりあえず今回はこんな所で。

2008.06.01

FL-36Rを買ってみたよ

さてさて、話は変わってE-410→E-420にリプレースした理由の一つが、内蔵フラッシュをコマンダーとしたワイヤレスRCフラッシュシステム対応にあります。

ニコンなんかはかなり以前の機種(確かD70sだったような)から同様のシステムを採用していますが、オリンパスはかなり遅れてE-3からの採用となりました。

まぁ、それは置いといてなんでワイヤレスにしたかったかと言うと、バウンスさせる時にカメラの姿勢に合わせてフラッシュのヘッドの角度をガチャガチャ切り替えるのが面倒だったからです(笑)

ワイヤレスならフラッシュをスタンドに立てておけば、カメラがどんなに動こうがライティングは変わりませんからね。

↓ちなみに、普通にクリップオンで使うとこんな感じです。

E-420 + D Summilux 25mm F1.4 ASPH. + FL-36R


レンズのデカさと相まってE-420の小ささが全く活かされてませんが、気にしない方向で(笑)

2008.03.28

ついに…

SIGMA DP1


ついに、レンズ交換式カメラと同じセンサーを搭載したコンパクトカメラが「出てしまった」。

しかも、こいつは製品コンセプトと独特の操作系が相まって、GR DIGITALより遥かにマニアックなカメラになっている。

どのくらいマニアックかというと、多分M8かR-D1と互角に渡り合えるくらいマニアック。
どれも使ってきた本人が言うんだから間違いない(笑)

設計意図まではわからないけれど、MFダイヤルの位置的にコンタックスTシリーズやライカCM辺りのような使い方ースナップではMFでざっくりと、風景や静物は遅いがそれなりに正確なAFでじっくりと、という考えなのかもしれない。
マクロも無いし、本当に一昔前のフィルムコンパクトカメラみたいだ。

2008.01.06

2008年を迎えるにあたっての新体制のお知らせ

E-410 + GR DIGITAL II + F30


あ、大仰なタイトル付けましたけど大したこっちゃないです。
思う所があって、カメラのシステム総入れ替えになりました。

一応、今まで通り日常生活の中で撮れないものは多分無いと思います。

と言う訳で、M8のコダックブルーに代わり、リコーブルー&オリンパスブルーで本ブログをお送りします。

あ、マニュアルカメラ1台も無いですね。ブログのタイトルどうしましょうか…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。